2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「書籍・雑誌」の5件の投稿

2011年11月 6日 (日)

万能鑑定士Qの事件簿 最終章 ・・・ そして・・・

万能鑑定士Qの事件簿が12巻で最終章となりました。

が、ひきつづき

万能鑑定士Qの推理劇がスタートするようです。

今回は11巻と12巻を一気読みしました。

Img_0750a

表紙の絵がウエディングドレスだったので、
莉子と悠斗が結婚するのかと思いきや、
やっぱりそうはならないみたいですね。

11巻はお寺で始まり、国宝級の秘宝を探すストーリーです。
敵?は、莉子の兄弟子で、根っからの悪人ではなさそうなので
推理劇になっても登場しそうです。

最終章は「太陽の塔」がテーマとおもいきや
太陽の塔の公開にまつわる事件が中心で流れていきます。
最後の大きな謎を解明したところは、
若干こじつけ気味ではありましたが
この小説らしい謎でよかったと思います。

最終章だからついに誰かが亡くなってしまうのかともおもいましたが
「人の死なないミステリー」のコンセプトは健在でした。

推理劇に変わっても「人の死なないミステリー」を貫いてほしいですね。

2011年4月27日 (水)

万能鑑定士Q 力士シール当選!

最近、気に入っている小説の

万能鑑定士Qの事件簿シリーズの

2ndプレゼントに当選しました。

オリジナル力士シールです。

Sumo_003

力士シールには「外に貼りださないでください」って書いてありますので

ガードレールとかに貼らないようにしましょう。

まだ、新刊のⅨを読んでいません。GWに読みます。

2011年1月 9日 (日)

万能鑑定士Qの事件簿 を読む

学生時代は良く文庫を読んでいたのですが、
社会人になって十数年、活字離れが進み、
読む本といったら仕事関係の専門書となっていたため、
久々に文庫を読もうと本屋で物色したところ

「万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ」を手に取りました。

理由は、数十ページごとに章が区切られているので時間の合間に読めそうなとこです。

で、今朝から読み始めたところ

はまりました。主人公の凛田莉子の生い立ちがステキで引き込まれます。

力士シールなるものの鑑定から物語がスタートするのですが、その中で莉子の中学時代からの生い立ちも語られて、そこで引き込まれました。

で、「万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ」は、物語が完結せずに、なぜかハイパーインフレになり終了。力士シールの下りは中途半端で終わり、「万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ」に続くとなります。

まだ、この文庫を読まれていなくて、これから読む方は、ⅠとⅡを両方準備してください。Ⅰを読み終えたあと、Ⅱがすぐに読みたくなります。

多分、中高生をターゲットにした小説だとは思いますが、おじさんでも十分に楽しめます。小難しい事件ものではなく、凛田莉子という女の子が活躍するコミックとして読みましょう。

ちなみに、この莉子のイメージは、黒木メイサではないでしょうか。
沖縄出身だし、モデル体系だし・・・・。

本の紹介はここ↓

http://www.matsuokakeisuke.jp/menu/q/index.html

2010年12月30日 (木)

エンジェルハートの実写版

月刊 コミックゼノンに
実写版のエンジェルハートが収録されているDVDが付いてきます。

2010年9月にあった舞台イベントの内容なのですが
雑誌の付録としては十分に見ごたえがありました。

杉本有美さんが香瑩役で、

及川奈央さんが冴子役、

ゴーオンジャーのシルバーとケガレシアの競演を思い出します。

エンジェルハート自体はあまり読んだことがなかったのですが
コレを見て気になり、1話から16話までをDVDで一気にみてしまいました。
1話から13話までは1つの物語になっていて、なかなか見ごたえがありますね。

2008年8月24日 (日)

カメラ雑誌もいろいろありますが。

最近になって知ったのですが、カメラ関連の雑誌は毎月20日に発売されるようです。今日 本屋に行くと、9月号がずらっとならんでしました。みんなD700の特集でした。今まで気にしていなかったのですが、カメラ雑誌っていっぱい種類があるのですね。

日本カメラ
カメラマン
デジキャパ
CAPA
デジタルカメラマガジン
フォトテクニック

わたしは、フイルムカメラはやっていませんし、
まだライトユーザのカメラ好きな人レベルなので、
「CAPA」と「デジキャパ」を立ち読みして、
たまに「デジタルカメラマガジン」を買います。

何で買うのが「デジタルカメラマガジン」かというと、
本の作りがしっかりしているし、
掲載写真もなかなかきれいで、
なんとなく他の雑誌に比べて高級感があるからです。
(値段もそこそこしますが・・・)

これらの雑誌は軒並み一眼レフの記事が中心なのですが、私的にはコンパクトデジカメをもっとたくさん取り上げてほしいです。
コンパクトデジカメの比較とか、構造、撮影テクニックをたくさん取り上げてくれる雑誌があったら非常にうれしい。

「デジキャパ」よりライトユーザ向けの「コンデジキャパ」なんて発刊してほしいなぁ。

CAPA・デジキャパについてはココ ↓

http://capacamera.net/

デジタルカメラマガジンについてはココ ↓

http://www.impressjapan.jp/