2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「スポーツ」の4件の投稿

2011年1月 3日 (月)

箱根駅伝 拓大シード権獲得!!

今年の箱根駅伝は

早稲田の逆転勝利。これで早稲田は3冠です。

でも、その影で応援していた

予選会トップの拓殖大学が見事7着

来年のシード権を獲得しました。

2区のジョン・マイナに過大の期待をしていたので
後半バテテしまったときにはもうダメかと思いましたが、
復路の頑張りで、往路9着から見事7着まで上がりました。

やっぱ駅伝は総合力なんでしょうね。

メンバーは、2,3年生中心の構成でしたし、ジョン・マイナもまだ1年生
来年も期待できますね。
来年もシード権をとって、箱根の常連校になってほしいです。

2008年12月16日 (火)

スバルまでもがWRC撤退!?

驚きのニュースでした。

スズキの撤退も残念だったのですが

スバルの撤退は驚きと悲しみでショックです

-----

自動車に関しては、なぜかスバルが好きでした。

子供のころ富士重工の工場見学に行って、

作業帽子を父親に買ってもらってから、

車を買うならスバルにしようと思いつづけていて。

社会人になり、インプレッサ→フォレスターと乗り継いできました。

WRCの活躍も好きで、最近の低迷(?)を残念に思っていた矢先の出来事です。

-----

富士重工 森社長の

「WRCで活躍する青いインプレッサは、ファンの皆様にとってスバルの象徴であり、この決断は本当につらいものでした」

のコメントは本心であると信じたいです。

景気が上向きになったら、ぜひ、SWRT(Subaru World Rally Team)の再出発をしてほしいと願っています。

2008年8月18日 (月)

オリンピックならずオンリーピック

もう、オリンピック漬けの毎日で、テレビをつければ必ずメダルの話で、、、、

楽しいですが、日本の不甲斐無さもあって(野球とか、男子柔道とか)ちょっと嫌気がでてきていましたが、

そんな中、巷で話題のもうひとつのオリンピックならぬオンリーピックが開催されています。

東京オンリーピックです。

ありえない競技を題材にしたオムニバス映画です。
スキージャンプペアの真島理一朗氏が総監督で、なんか期待できそうです。

先日テレビの情報番組(名前は忘れました)で、この映画の1競技である「男子親離れ」が紹介されていましたが、映像が流れたあと、アナウンサは何も感想を言わずに流してしまいました。見てみるとわかるのですが、アナウンサ的にはコメントしづらい映像です。

8月8~24日に新宿でハイライト版を上映しているようですが、メインは9月に発売されるDVDのようですね。見てみたいけど、買うまでは・・・っていう作品でしょうか。

ホームページはここ↓

http://www.onlypic.org/index.html

2007年12月 8日 (土)

ユキチャン初勝利おめでどう

あの白毛でおなじみの「ユキチャン」(2歳牝)が、2戦目にして、ついに勝ちました。直線で大外から一気に差しきっての快勝でした。

Yukichann

真っ白でかわいいですね。この勢いで、来年のクラッシク路線に出て欲しいです。お父さんはクロフネなので、芝でも活躍できるはずです。

期待の2歳馬を紹介したついでに、明日の朝日杯について書きます。一番人気の信頼度が高いレースで、過去10年必ず複勝圏に入っています。関東馬より関西馬の方が勝率が高いこと、海外騎手の複勝圏率が50%近いことが、穴のファクターになりそうです。

◎ゴスホークケン:1600Mの持ちタイムNo.1。それも新馬戦で出したタイムです。期待の外国産馬です。

○アポロドルチェ:やっぱり、1番人気馬は抑えなくてはいけません。京王杯を出遅れするも直線一気に突き抜けたところは、すごいの一言。

▲ドリームシグナル:関西馬で海外騎手。穴をあけるなら、このパターンでは?