2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

カテゴリー「アニメ・コミック」の19件の投稿

2012年5月27日 (日)

氷菓 なかなか面白いです。

ちばテレビやMXで放映されているアニメ

氷菓

学園ものと思いきや推理物のアニメで、なかなかいい雰囲気で面白いです。

角川スニーカー文庫(ライトノベル)の古典部シリーズをアニメ化したもので、
映像で楽しませるというよりも、キャラクター同士の会話を楽しませるといった、
ライトノベルが原作らしい雰囲気の作品です。

最近のアニメは、GOSICKや化物語、図書館戦争などマンガが原作というより、
小説が原作のものが増えてきている気がします。

相変わらずアクションやキャラクタがメインのアニメは多いかもしれませんが
ストーリー重視で楽しみたい視聴者が増えてきたのかもしれませんね。

先日放送された第5話で文集「氷菓」の名前の由来が明らかになり、大きな謎が一つ解明されました。第6話からは、また違った謎を解明していくんでしょうね。たのしみです。

Hyouka_1

*この作品は京都アニメーションさんなのですが、他の作品とキャラクタの雰囲気が似てる気がします。

2011年7月17日 (日)

神様のメモ帳 NEET探偵大活躍!

先週から

神様のメモ帳が始まりました。初回は1時間、今週から30分の放送です。

アリス率いるNEET探偵の物語です。主人公の鳴海くんは、なんか知らないうちに巻き込まれてNEET探偵のメンバーに入ってしまいまったところに、若干の無理を感じながらも、

そんなことは関係ないくらい、面白いアニメです。

テツ、ヒロ、少佐の個性的なメンバーも、組長(四代目)も、いいバランスでいて、何でも解決してくれそうです。

この夏はこのアニメにはまりそうです。

原作の小説を読んでみたくなりました。

2011年4月24日 (日)

もしドラ スタート

震災の影響で

放送が中止になっていた

「もしドラ」が、4月25日からNHK総合ではじまります。

すっかり忘れていて、見逃しそうになっていました。

帯で2週間の放映ですので、

見逃さないように、ちゃんと録画しましょう。

放映スケジュールはここで確認↓

http://www.moshidora.tv/

2011年2月28日 (月)

もしドラのアニメ放送予定

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

通称「もしドラ」がNHKでアニメ化されるようです。

きょうの昼間にNHKで番宣をやってて知りました。

3月14日からの放送のようですが、

帯番組で、2週間で一気に10話放送するようです。

(毎日10:55~)

さらに4月からは毎週木曜日の深夜(0:15~0:40)に放送とのこと

この4月からの放送は、3月に放送したものを再放送するのでしょうか?

番宣を見ると、興味が沸いてみたくなりました。

NHKは、メジャーといい、バクマンといい、子供から大人まで楽しめるアニメをチョイスしますね。

NHKのホームページには、出演者(?)のインタビューがアップされています。↓

http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/

2011年1月31日 (月)

涼宮ハルヒの消失 を観る

2006年に流行ったアニメの涼宮ハルヒの憂鬱の映画版の
涼宮ハルヒの消失のDVDを見ました。

特に気にしていたDVDではないのですが、
レンタル店にあるのを発見して借りてきました。

ハルヒをめぐるおかしな世界(?)が、
突如普通の世界に変わってしまうといったストーリー

キョンだけが元の世界を知っているが、
他のみんなは新しい世界の住人なので、元の世界を知らない。

さらに、みんな普通の人になってしまっている。
特に長門が内気な女の子でキョンに恋している風になっているところがカワイイ。

後半は元の世界に戻るために、このアニメならではの世界観で解決していく。
さらに、少し物語を残して終わりにしているところもこのアニメらしい、

涼宮ハルヒの憂鬱を知らないとわけがわからない映画です。
昔、涼宮ハルヒの憂鬱を見ていた方は、久々に見てみてもいいかも
結構面白かったです。

http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/movie/

2011年1月22日 (土)

GOSICK - ゴシック - なかなか面白いです

金曜日の深夜に放送されているアニメ

「GOSICK ゴシック」がなかなか面白いです。

第1話は見逃しましたが、第2話、第3話と見ました。

主人公のヴィクトリカは、幼い女の子のような風貌ですが、声は低く、落ち着いた話し方で知的な雰囲気。容姿とのギャップが魅力的なキャラクターです。

時代背景も第1次世界大戦後のヨーロッパというところで、近未来や現代を舞台のアニメと比べて雰囲気がいいです。

あと、推理ものっていうのも好きなとこです。最近の推理もののアニメといったら名探偵コナンですが、もう飽きて最近見ていませんでした。

このGOSICKにちょっとはまってしまいそうです。

文庫本を読んでみようかなぁ。

アニメの紹介ページはここ↓

http://www.gosick.tv/index.html

2010年10月 3日 (日)

STAR DRIVER 輝きのタクト 始まる

今日から始まったアニメ

STAR DRIVER 輝きのタクト

全く予備知識無く見たため

ほぼ理解不能です

最初は、離島にある全寮制の学園が舞台の青春ものかと思いきや

巫女だのロボット(?)だの出てきて

終いには 「銀河美少年」ってなに?

鋼の錬金術師やガンダムものの時間帯なので

ちょっと期待していたのに

なんともいえません・・・。

このアニメは原作のマンガを読まないと楽しめないのでしょうか?

もう何回か見てみないと面白さがわからないかも。

2010年6月 6日 (日)

化物語を見る

最近、月に1回放映される刀語が楽しみになってきており、

その、原作者 西尾維新さんの作品ということで

化物語のDVDを借りてきました。

刀語と同様に、キャラクタの会話を楽しむ作品で

なかなか、はまってしまいそうです。

1話から登場している戦場ヶ原ひたぎを見ていくと

今更ながらツンデレの意味を確認できましたし・・・。

ネットでも配信しているみたいですんで、

刀語を楽しんでいる方は、ぜひチェックしてほしいです。

http://www.bakemonogatari.com/strm/

2010年3月14日 (日)

あしたのジョー2 名セリフ

ひさびさに

あしたのジョー2のDVDを見ました

昭和のアニメらしさはありますが、それはそれでいいです。

なんか泣けますね。

グッとくるセリフがあったのでちょっと載せます。

シーンはカーロスVSホセ戦でカーロスが廃人になったとの知らせの後に、ノリちゃんとデートしたとき。ノリちゃんがジョーの青春について語ったのちのジョーの名セリフ。

---

ぶすぶすとそこらにある、みてくれだけの不完全燃焼とはわけが違う。

ほんの瞬間にせよ、眩しいほどに真っ赤に燃え上がるんだ。

そしてあとには真っ白な灰だけが残る。

燃えカスなんかのこりゃしない、真っ白な灰だけだ。

---

なんか、カッコいいけどセツナイですね。

2010年2月14日 (日)

刀語 を見ました

PS3のトロステーションにて紹介されてた西尾維新さんの

アニメの刀語の第2話を先日みました。

ライトノベルといわれるものは全く読んだことがなく

西尾維新さんがどのくらい人気者なのかもしらないですが

アニメを見た感想としては、物語がなかなか面白く、第3話もちょっと期待したくなりました。

ただ、アニメとしてはいかがなものかと思います。

大半が、とがめとしちかの会話で構成されて、後半だけアニメらしく動きのある絵になっていましたが、これは小説としては成立しますがアニメとしては疑問です。

アニメというよりラジオで流したほうが面白いような気もしましたが・・・・。

12話まであるようですので、今後に期待します。

HPはここ↓

http://www.katanagatari.com/