2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

涼宮ハルヒの消失 を観る

2006年に流行ったアニメの涼宮ハルヒの憂鬱の映画版の
涼宮ハルヒの消失のDVDを見ました。

特に気にしていたDVDではないのですが、
レンタル店にあるのを発見して借りてきました。

ハルヒをめぐるおかしな世界(?)が、
突如普通の世界に変わってしまうといったストーリー

キョンだけが元の世界を知っているが、
他のみんなは新しい世界の住人なので、元の世界を知らない。

さらに、みんな普通の人になってしまっている。
特に長門が内気な女の子でキョンに恋している風になっているところがカワイイ。

後半は元の世界に戻るために、このアニメならではの世界観で解決していく。
さらに、少し物語を残して終わりにしているところもこのアニメらしい、

涼宮ハルヒの憂鬱を知らないとわけがわからない映画です。
昔、涼宮ハルヒの憂鬱を見ていた方は、久々に見てみてもいいかも
結構面白かったです。

http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/movie/

2011年1月30日 (日)

戦場のヴァルキュリア3 今のところのコンテンツ

戦場のヴァルキュリア3を攻略中ですが、

2のときにもあったエクストラのコンテンツ追加が気になっています。

今のところ

戦場のヴァルキュリアのセーブデータ戦場のヴァルキュリア2のセーブデータ

キャラクタにエレノアリコリスが追加され

体験版のクリアデータ

DLCの前線基地奪還指令

あと、予約特典のFILE422

DLCのクルト・アーヴィングの初陣

そのほかのパスワードが知りたくて、ネット検索・・・。

2QHK AEF2 8MHM XCN7  キャラクタ追加 エイリアス

EL8T J8G8 9K83 C7KF ステッカー アバン&コゼット

SCM6 JW7L FP3W KY4A ステッカー エイリアス

TB6W KAEZ 53R7 GG8X ステッカー トロステ

といったところみたいです。

今後いろいろ明らかになるようですので、楽しみにしたいですね。

2011年1月27日 (木)

戦場のヴァルキュリア3 購入しました

戦場のヴァルキュリア3が今日届きました。

PS3にて戦場のヴァルキュリアを遊んでから

このBLiTZのシステムにはまり、

PSPで発売された戦場のヴァルキュリア2も、しっかり遊んで

この3です。

1から2の間はあいていたけど、2から3はすぐに発売されましたね。

-----

舞台は1の時と同じ時代で

422部隊は歴史の表に出てこないという設定、

2のときの士官学校っていう設定より物語が広がりそうです。

取り合えず第一章を遊び、ようやくストーリーが始まりました。

第二章は、みんなに認められるための戦いの位置づけで

義勇軍に認められようと頑張ったギュンターと被るものがありますが。。。

とにかく楽しみにしていたゲームなので、今後の展開に期待します。

-----

Amazonで購入したらガリアシークレットドキュメントが付いてくると期待していたけど、2のときの付録に比べて、薄いパンプ1枚でがっかり・・・

付属のプロダクトコードでダウンロードできるエクストラエピソードに期待しましょう。

http://valkyria3.jp/

2011年1月23日 (日)

告白 を観る

「告白」のDVDを観ました。

娘を殺された教師の復讐の物語なのですが、

その復讐のほかに犯人の生徒やその親の語りもあり

なんとも考えさせられる映画です。

単純な復讐ではなく、犯人を精神的に追い詰める復讐方法で、
それにより、犯人もその周りの人も影響をうけていくところが
この復讐劇の深いところですね。

松たかこさんが教師役で大きい役割をしていますが、
学級委員長役の橋本愛さんもなかなか存在感がありました。

まだ、15歳の新人のモデルさんですが、今後期待できるかもしれませんね。

告白の紹介ページはココ↓

http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html

橋本愛さんのプロフィールはココ↓

http://www.sma.co.jp/artist/profile/index/65

2011年1月22日 (土)

GOSICK - ゴシック - なかなか面白いです

金曜日の深夜に放送されているアニメ

「GOSICK ゴシック」がなかなか面白いです。

第1話は見逃しましたが、第2話、第3話と見ました。

主人公のヴィクトリカは、幼い女の子のような風貌ですが、声は低く、落ち着いた話し方で知的な雰囲気。容姿とのギャップが魅力的なキャラクターです。

時代背景も第1次世界大戦後のヨーロッパというところで、近未来や現代を舞台のアニメと比べて雰囲気がいいです。

あと、推理ものっていうのも好きなとこです。最近の推理もののアニメといったら名探偵コナンですが、もう飽きて最近見ていませんでした。

このGOSICKにちょっとはまってしまいそうです。

文庫本を読んでみようかなぁ。

アニメの紹介ページはここ↓

http://www.gosick.tv/index.html

2011年1月10日 (月)

8月のシンフォニー を観る

ちばてれびで年末に放送した「8月のシンフォニー」を録画していたので、先ほど鑑賞しました。

川嶋あいさんの自叙伝をアニメ化したものです。

実際の映像とアニメを融合した作品で、いい雰囲気です。

川嶋あいのデビューまでの経緯。。。。。

母の死を、仲間たちの支えで乗り越えていく過程。。。。

アニメではすべてうまくいっているように見えますが、本当は多くの苦労があったに違いないですね。

最近、川嶋あいさんの曲を聴いていませんでしたけど、久々に聞いてみたいと思いました。

映画の紹介はここ↓

http://www.8gatsu-eiga.com/top.php

劇中にも流れていた 「ありがとう」 いい曲です。

2011年1月 9日 (日)

万能鑑定士Qの事件簿 を読む

学生時代は良く文庫を読んでいたのですが、
社会人になって十数年、活字離れが進み、
読む本といったら仕事関係の専門書となっていたため、
久々に文庫を読もうと本屋で物色したところ

「万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ」を手に取りました。

理由は、数十ページごとに章が区切られているので時間の合間に読めそうなとこです。

で、今朝から読み始めたところ

はまりました。主人公の凛田莉子の生い立ちがステキで引き込まれます。

力士シールなるものの鑑定から物語がスタートするのですが、その中で莉子の中学時代からの生い立ちも語られて、そこで引き込まれました。

で、「万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ」は、物語が完結せずに、なぜかハイパーインフレになり終了。力士シールの下りは中途半端で終わり、「万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ」に続くとなります。

まだ、この文庫を読まれていなくて、これから読む方は、ⅠとⅡを両方準備してください。Ⅰを読み終えたあと、Ⅱがすぐに読みたくなります。

多分、中高生をターゲットにした小説だとは思いますが、おじさんでも十分に楽しめます。小難しい事件ものではなく、凛田莉子という女の子が活躍するコミックとして読みましょう。

ちなみに、この莉子のイメージは、黒木メイサではないでしょうか。
沖縄出身だし、モデル体系だし・・・・。

本の紹介はここ↓

http://www.matsuokakeisuke.jp/menu/q/index.html

一言主神社で厄払い

今年、前厄のため

ちょっと遅い初詣をかねて、常総市の一言主神社へ厄払いにいきました。

Hitokoto_005

Hitokoto_002

まず、本殿右の売店(?)前にある、

祈祷申込書に住所、名前、生年月日、願い事を記入して受付をします。

このときに祈祷料を払います(私は小の¥3,000にしました)

祈祷時間は9:00から1時間ごとに14:00までで20分前に受付です。

(たとえば10:00からなら9:40までに受付)

祈祷時間前に放送が流れるので

それまでの間、お参りをするも良し、待合室(本殿右の離れ)にてのんびりするも良し

-----

時間になったら本堂にてお祓いです。

この祈祷中に名前と住所が呼ばれるので申込書にはちゃんと書きましょう。

祈祷の最後に、祈祷料が高い方だけ(?)、榊を神殿に供えます。

そして、御札をもらって終了です。

-----

祈祷は20分程度でした。たくさんの方がお祓いしますので、人が多いほど時間がかかるみたいですね。

神社の方からは、10:00,11:00の祈祷は人が多く定員オーバーすることがあるので、朝一か午後が狙い目とのことでした。

これで、今年1年無事に過ごせればいいなぁ。

2011年1月 3日 (月)

箱根駅伝 拓大シード権獲得!!

今年の箱根駅伝は

早稲田の逆転勝利。これで早稲田は3冠です。

でも、その影で応援していた

予選会トップの拓殖大学が見事7着

来年のシード権を獲得しました。

2区のジョン・マイナに過大の期待をしていたので
後半バテテしまったときにはもうダメかと思いましたが、
復路の頑張りで、往路9着から見事7着まで上がりました。

やっぱ駅伝は総合力なんでしょうね。

メンバーは、2,3年生中心の構成でしたし、ジョン・マイナもまだ1年生
来年も期待できますね。
来年もシード権をとって、箱根の常連校になってほしいです。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »