2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

SCANDAL 瞬間センチメンタル

SCANDALが歌う

瞬間センチメンタル

鋼の錬金術師のエンディングテーマですが、

なんか、カッコいい曲です。

女の子のバンドで、PVもなかなかカッコいいです。

ちょっと注目したいです。

RUN BEAR RUN って何?

ちょっと前から良く見かけていた

テレビ東京で流れている

RUN BEAR RUN っていうCMって何?

この、HPであるここ↓を見ても意味がわかりません。

http://www.runbear.jp/

んで、調べてみると

テレビ東京が仕掛けたシークレットプロジェクトらしく

「秘密結社 鷹の爪」のDLEも絡んでいるようです。

キャラクタの知名度をまず上げてから、各社のCMキャラクタに起用していくような戦略のようです。

目指せ、キティってとこでしょうか。

今のところ、スズキと東京新聞のCMに起用されているようです。

白いくまが走っているだけで、毒も無く、飛びぬけてかわいいわけでもないので、使いやすいキャラクタだとは思いますが、

CMの片隅で走っていても、特徴が少ないため、たぶん気がつかないでしょうね。

2010年1月24日 (日)

戦場のヴァルキュリア2 暗号解読指令

戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立仕官学校 を購入しました。

予約もせずに購入したのですが、

予約特典のDocument of Gallia 1936もつけてもらいラッキー

で、この予約特典(DVD)を見ていると

暗号解読指令なるものがあり

暗号解読せよとのもの、この暗号解読が成功するとHPにアクセスできて、いいこと(?)があるようです。

この暗号が、意味がさっぱりわからずヴァルログのヒントを参考に・・

ヒントを見ないと、とてもたどり着けない暗号でしたが、無事解読・・・でも

内乱の年

夜空に星々が輝く刻

輝く槍が2つの星を貫くだろう

すべてはヴァルキュリアの盾のもとに

されど、まだその刻にあらず

今はダメみたいですね。星々が輝く時間にまた見ます。

暗号が解けない方はヒントを参考に↓

http://ameblo.jp/val-log/entry-10440262083.html

で、ゲーム自体は、ちょっと期待はずれかも、

前作はゲームというよりストーリーを楽しんでしたのに、ちょっとストーリー性が無くなった感があります。

まだ、はじめたばかりなので、これから楽しい展開があることを期待してがんばります。

2010年1月23日 (土)

スカイツリーを見に行く

墨田区に建設中のスカイツリー

もう、200Mを突破し1/3ぐらいの高さまで出来上がってきているということで

見に行ってきました。

Skytree1001

東武線の業平橋駅の横で建設中で

通りすがりで立ち止まってみている人や、望遠レンズで狙っている人など

まだ、建設中なのにパラパラと観客がいました。

次は半分ぐらいできたときに見に来たいと思います。

んで、ついでに浅草寺に遅くなった初参りに行ったら

Sensou

なんと、工事中・・・

工事中の幕に竜が書いてあるところは、

さすが観光地と思いましたが・・・

なんか工事現場巡りになってしまいました

2010年1月17日 (日)

特上カバチ!!ってどう?

特上カバチの第1話を観ました。

カバチ って広島弁だったんですね。

それは、さておき。

ドラマなのですが、法律問題をクイズ形式で出したり

ところどころで、文字がドンと表示されたりと

かなり、マンガチックなつくりになっています。

櫻井翔くんの頼りなさぶりと

堀北真希さんのいやな行政書士ぶりが

そこそこはまっていていいのですが

高橋克実さんのキャラクタに行き過ぎ感があります。

いままでの日曜劇場の雰囲気を期待していた視聴者にとっては、馴染めないと思いますが、TBSとしてチャレンジしたんでしょうね。

あまりこの路線を強くしちゃうと「金をかけた深夜バラエティドラマ」になっちゃうので要注意!

アマルフィ 女神の報酬 を見る

アマルフィのDVDを観ました。

織田裕二演じる黒田のできる外交官ぶりが、カッコいい映画です。

-----

1つの誘拐事件からテロ事件につながっている流れ、

その流れを意味する伏線も、シーンにちりばめられており

展開も早く、飽きさせないストーリーで

娯楽サスペンスとしては、とっても良い作品です。

-----

ハズレの少ない織田裕二主演映画ですし、邦画嫌いの方もぜひ見ていただきたい作品です。

映画のHPはこちら ↓

http://www.amalfi50.jp/index.html

京成杯は堅いかも? レッドスパークル

京成杯は、傾向的がいまのところはっきりしているレースだと思います。

来ない馬

●新馬勝ちからの直行組

●前走が4着以下

●芝1800M以上の勝ちが無い

これだけでレッドスパークル、ローグランド、フーガフューク、ログ、エイシンフラッシュの5頭に絞られます。

当てたければ、この全頭を買えばいいのですが、持ちタイムと戦績で考えると

◎レッドスパークル
○エイシンフラッシュ
▲フーガフューグ

で決まりでは?

あとは、今までの傾向が崩れないことを祈るのみです。

2010年1月11日 (月)

落語娘 を観る

深夜に放送されていた

落語娘

を観ました。

ミムラさんが落語家の役なので、

女流落語家のサクセスストーリーかと思いきや

津川雅彦さんふんする落語の師匠が、いわくつきの演題である「緋扇長屋」の高座を開く過程が描かれている物語です。

「緋扇長屋」の落ちは、あれ?って感じですが。

それもひっくるめて、物語の落ちはちゃんと面白くできあがっています。

ミムラさんファンでも、そうでなくても見る価値ありの映画です。

9頭落馬の大惨事 中山4R

フェアリーSを見ていたら、直前になって多数の乗り代わり

なんで?

と、思ったら中山4Rで大事故があったようです。

-----

原因は4コーナーでの三浦騎乗のノボプロジェクトの斜行で

勝浦騎乗のフォルメンが落馬し

それから、ばたばた合計9頭の落馬事故

ノボプロジェクトの外側にいた一番人気のデプラータは無事でしたが

直線の伸びを欠き(馬が驚いたかも)、大差の2番入着

結局はノボプロジェクトは降着となり

デプラータ勝ちましたが、2番人気から6番人気までが失格と中止になり

波乱の結果となりました。(3連単が40万OVER!)

この事故で、多くの騎手が怪我をしましたが、

馬はみんな無事ってことがせめてもの救いです。

月曜日なのに競馬 フェアリーS

成人の日の祝日

月曜日ですが、重賞やってます

フェアリーS

もう、考える時間がないので

中山1600Mは内枠有利ってことと、1600M以上の経験がある馬ってことだけで選んでしまいます。

◎アプリコットフィズ
新馬戦の1.34.7は、このメンバーであれば最速。デビュー戦でコレだけのレースができればここも圧勝?!

○メジロオードリー
内枠からはこの馬。まだ1戦1勝でどんな馬かもわかりませんが、ちょっと期待してみたいです。でも、メジロドーベルの仔はイマイチなので、対抗まで。

▲コスモネモシン
4戦目で勝ち、ここに出走してきました。いままで1800Mの経験のみですが力はつけてしましたし、このメンバーであれば連に絡む可能性もあり。穴の1頭です。

☆テイラーバートン
戦績が安定していて、今回も崩れは無いと思いますが、大外枠で先行するのであれば割引いて考えるべき。相手までです。

まだ若い牝馬たちなので、みんな無事に走ってほしいです。

2010年1月 9日 (土)

ディア・ドクター いいです

今日、ディア・ドクターのDVD見ました。

泣ける映画というわけではないですが

なんか、ジーンとします。

伊野先生(笑福亭鶴瓶)が失踪したストーリーと

相馬先生(瑛太)が研修生として赴任してくるストーリーが

重なって描かれていて、だんだん伊野先生の失踪の理由が明らかになっていきます。

失踪理由をしったあとの、刑事に関係した人が話していく中で

刑事の意識が変わっていく様もよく描かれていると思います。

これ以上説明するとネタバレになっちゃいますが、

とにかく、いい映画だと思います。

あと、井川遥さんがいい演技してました。いい女優さんですね。

マジすか学園 って・・・

テレビ東京にて、はじまった

マジすか学園

今、人気のAKB48のドラマですが、ヤンキーものなのですね。

前田敦子さんが主人公で、役名もそのままですが

他の生徒たちの役名(あだ名?)が、そりゃテキトーで・・・

演技も、学園祭のような出来映えで・・・

帯ドラマとして流していいものかどうか疑問です。

ストーリーは

前田敦子がケンカに強くて、毎回、マジ女とケンカしていくというもの

金曜深夜ドラマとしては定番の漫画チックなものですので

何も考えずに見るのには最適かも

ヒットメーカー秋元康氏が原作なので、そんなにつまらなくはならないはず。

まあ、打ち切りならずに1クールもってくれることを祈っています。

2010年1月 4日 (月)

2010年 運試し -金杯-

明日は、中山、京都で金杯が開催されます。

2010年の馬運を占うレース

ぜひ、当てたいです。(JRAプレミアムレースだしね)

まずは、中山金杯

ハンデ戦ということもあり、軽ハンデ馬もなかなか活躍しているみたいですが、57kgを超える高ハンデ馬もしっかり活躍します。中途半端なハンデの馬がなかなか活躍できない傾向があります。

前走条件戦の馬も良いみたいですね。(軽ハンデになるから?)

また、前走の距離が1800Mが活躍しているといった傾向もあるよう。

ということをふまえると

◎アクシオン
前走G3を勝ち、今回は57kgのハンデ。7歳とは言え長期休養のためレース経験は少なくここで活躍してもおかしくない素質があると考えました。連対率50%OVERの安定感も魅力です。

○デルフォイ
7ヶ月ぶりのレースですが、重賞2着の実績もあり。陣営もココで活躍できれは、今年G1を狙ってくるつもりでしょう。ただ、この馬の適距離は2400Mでは?

▲サニーサンデー
勝ち鞍が、中山と福島という小回り巧者。コースが見方をして楽勝ってこともあるかも。メンバー的にも逃げ先行馬が少ないので、展開に恵まれそうです。

★アスクビューティー
軽ハンデです。それだけです。もしかしたらってこともかんがえて押さえたい1頭です。

あとは、京都金杯

中山と違い堅く決まる印象のつよいレースです。実際に、1番人気と3番人気の連対率がずば抜けています。
また、56kg以上のハンデ馬が活躍実績が高く、実力通りレースが決まると考えてよさそうです。

◎ドラゴンファング
阪急杯3着、阪神カップ4着の実力馬。距離は1400Mがベストだが、1600Mでも勝ち鞍があり。

○スマートギア
前走重賞を2着。京都大章典2着の実績もあり。このメンバーであれば実力上位であることは確実。ただ、1600Mは短いのでは?

▲マイネルファルケ
マイルC2着は、実力なのか偶然なのか。ここで真価が問われる。

この2つのレースを当てて、気持ちいい競馬初めとしたいです。

2010年1月 3日 (日)

紅白はメガ幸子!

2009年紅白歌合戦はなかなかよかったです。

注目は

メガ幸子

本気なのか、うけ狙いなのか

幸子EXを大幅に超える、超ビックサイズの幸子は

まさに、大仏

その大仏の手のひらで歌う幸子という演出

で、昨日のワンダー×ワンダーで

メガ幸子が左右に動く演出が人力で急遽決まったことにも驚き

いやー、ありがたいものを見させていただきました。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »