2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« オリンピックならずオンリーピック | トップページ | 三脚無しだと・・花火撮影 »

2008年8月24日 (日)

秋に向けての・・ 札幌記念

今日は札幌記念です。秋のG1につながる大切なレース。このレースをステップにG1を制した馬もいる夏でも特別なレースです。

夏の重賞の中で一番賞金が高く、ここを勝てれば天皇賞秋への出走も可能になってきます。

で、今年は、有馬記念優勝馬のマツリダゴッホが登場。春があと一歩だったマイネルチャールズも出場します。

この2頭で買いたいのですが、このレースにはオカルト的な傾向があるので、それも無視できません。それは・・・

前走3着馬の連対率50%OVER(過去10年より)

気になるデータです。人気2頭を買うよりここから買った方が高配当になりますし、ちょっと冒険したいと思います。

◎マンハッタンスカイ
前走、函館記念3着。馬主は地元のヒダカBU。2000Mなら連対率50%OVER。ここまで条件がそろえば、連軸にしても良いのでは。

○マツリダゴッホ
やっぱ格が違うでしょう。札幌連対率50%でコースの不安はありません。久々なので、海外遠征後の状態がどうなっているかだけが不安材料でしょう。

▲コンゴウリキシオー
スムーズに逃げれれば、そのまま前残りもある馬です。平坦小回りの札幌ですし、マイネルとマツリダが牽制し合っている間に逃げ切っちゃうなんてこともあり?!

マイネルチャールズは、初の古馬対戦で、古馬との力差が見えないため次点としました。勝ってもおかしくないと思っています。あとは、運を天にまかせます。

« オリンピックならずオンリーピック | トップページ | 三脚無しだと・・花火撮影 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋に向けての・・ 札幌記念:

« オリンピックならずオンリーピック | トップページ | 三脚無しだと・・花火撮影 »