2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

オリンピック選手のTVのギャラって?

今日の「アッコにおまかせ」で話題になっていましたが、

オリンピック選手が競技のあとのテレビ出演ってギャラってもらえるんでしょうか。

オリンピック会場での取材画像についてはまあ良しとしても、

そのあとのテレビ出演については、やっぱギャラが発生しますよね。

その番組のためにわざわざスタジオに来ているのですから。

テレビに出ても何ももらえないのであれば、ちょっとかわいそうです。

選手によってはそっとしておいてほしい人も入るはずです。

選手側から請求するとなんかイメージ悪いので、

そこらへんはテレビ側からアプローチしてほしいですね。

まあ、「アッコにおまかせ」で問題提議したので、各局ちゃんと対応してくれるでしょう。

(オリンピック委員会が「ピンはね」しているなんてことは、ないとおもいますが・・・)

ジメジメしてて梅雨みたい。

ここ最近、雨続きで残念な天気だったのですが、なぜが今日は晴天です。雲がいい感じだったので撮りました。

Sora1

んで、出かけた先の川が大変なことになっていました。

Kawa1

ここまで水が来ているとは。川が溢れなくて良かったです。

それでも、天気がいいです。でもジメジメしているので、たぶん夕立くるでしょうね。

小木の競馬中継

今日の新潟記念でおぎやはぎの小木さんが実況しました。

素人の実況一本で放送は危険だと思っていたら、テレビ側もわかっていたらしく副音声での放送でした。

実際に聞いてみると、スタート後の馬紹介が遅いところが×でした。でも、まあご愛嬌と思っていたら、最後の直線がダメダメです。

チョウサン!チョウサン!って叫んでいたけど、何処にいました?

っていうか、勝った馬の名前がほとんど出ず、ただ興奮していただけのような・・・。

改めて、アナウンサってすごいなって思いました。
もう、素人さんはチャレンジしないように。

2008年8月30日 (土)

夏の最後の重賞2本立て

天気が悪くて、気分が悪いですが、夏ももう終わりですし、ここはびしっと夏競馬を締めくくりたいと思います。

まずは、キーンランドC。このレースは「外枠」と「牝馬」がキーワード。となると、忘れちゃいけない1頭が急浮上。でも、狙いにくいので相手まで。やはりサーマースプリントもあと2戦ですし、ここで、スプリント王を決めたい馬から行きます。

◎トウショウカレッジ
キンシャサではなく、ここで行きたいです。キンシャサでは面白くないので2番手を探したところ、やはりこれではないでしょうか、CBC賞は1番人気で9着、でも前走はしっかり2着。実力はあります。あとは、池添に任せるのみ。

○マヤノツルギ
5連勝は立派。平坦小回りコース専門でデビューから連を外したのは1回だけ、この夏1番の上がり馬です。

▲ピンクカメオ
データ的裏付けはバッチリ。あとは、この馬の気分次第でしょう。同枠のペールギュントもかなり気になる1頭ですし、8枠から総流しでも良いかもしれませんね。

んで、新潟記念。前走が新潟という馬が不振のレースです。夏競馬もオーラスですし、使い込んでいる馬は力が出せないのかも知れません。なので、レース間隔が十分にある馬で、サマー2000の活躍馬を選びたいと思います。

◎マイネルキッツ
七夕賞3着で、十分にレース間隔をとっての参戦です。小倉記念組が気になりますが、まずはここを狙いたい。

○ダイシングロウ
小倉記念組からはこれ、ちょっと使い詰めのような気がするので、相手にしました。疲れが無ければこの馬できまるかも。

▲サイレンジャスパー
夏は牝馬!ですし、長期休養明けからの3戦目、ここでいいレースができないと、秋が無いです。もうそろそろ本気を出してほしい馬です。

で、いかかでしょうか。堅く当てたい場合は、1番人気も絡めましょう。

2008年8月28日 (木)

20世紀少年が見たい

最近、頻繁にCMが流れている

20世紀少年

が、すっごく気になります。

原作を読んだことが無いのですが、すっごく読みたい。

一気に読んでみたいです。

ストーリーは・・・知りませんが、Wikipediaを読む限りは面白そうです。

映画では唐沢寿明さん、常盤貴子さんとなかなかいいキャストです。

久々に日本映画でも見に行こうかと思います。

http://www.20thboys.com で予告編が見れます。

2008年8月27日 (水)

負けずにニコンもD90

昨日のEOS 50Dのニュースに続いて今度はニコンがD90を発表です。50Dと思いっきりかぶっています。

画素数的には50Dに軍配があがるのですが、D90は一眼なのに動画が取れるという反則技(?)をしてきました。まあ、動画目的で購入する人がいるのかは疑問ですが、特徴であることは間違いないと思います。

カメラ内歪み補正は50Dと同様に搭載されており、連写速度も4.5枚/秒となってD80より確実に進化しています。もうD300に手がとどきそうな性能ではないでしょうか。

残念ながら私はCanon党なので、50Dの方がほしいのですが、ちょっと気になります。

D90の記事はここ↓

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/27/9083.html

2008年8月26日 (火)

EOS 50D 登場

Canonから秋の新作が発表されました。注目はEOS 50Dでしょうか。

DIGIC4搭載機で、画素数も1510万画素となりました。それでも連写スピードは40Dと同等なので処理が高速になっているのでしょう。他に気になる機能はレンズ補正データがカメラ側に設定できるところでしょうか。

先日ニコンから発売されたD700とは部類が違いますが、それでも興味のある一台です。

これからいろいろな雑誌にレビューが載ると思うので40Dとの比較とか楽しみです。

それより何より、併せて発表されたEF-S 18-200 IS のレンズが気になります。キャノンユーザが待ち望んでいた高倍率ズームレンズです。この手の純正レンズがほしかったのですが、価格は9万円と高い。この価格だとUSMがついてほしかった。6万台で購入できるのであれば買いたいです。

他にもPowerShotの新作も発表されましたが、肝心のS6ISがいません。まだ先なのでしょうか。

まずは、来月店頭に並ぶEOS 50D+EF-S 18-200のセットを楽しみにします。

EOS 50D の記事はここ ↓

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/26/9086.html

EF-S 18-200 の記事はここ ↓

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2008/08/26/9085.html

2008年8月24日 (日)

カメラ雑誌もいろいろありますが。

最近になって知ったのですが、カメラ関連の雑誌は毎月20日に発売されるようです。今日 本屋に行くと、9月号がずらっとならんでしました。みんなD700の特集でした。今まで気にしていなかったのですが、カメラ雑誌っていっぱい種類があるのですね。

日本カメラ
カメラマン
デジキャパ
CAPA
デジタルカメラマガジン
フォトテクニック

わたしは、フイルムカメラはやっていませんし、
まだライトユーザのカメラ好きな人レベルなので、
「CAPA」と「デジキャパ」を立ち読みして、
たまに「デジタルカメラマガジン」を買います。

何で買うのが「デジタルカメラマガジン」かというと、
本の作りがしっかりしているし、
掲載写真もなかなかきれいで、
なんとなく他の雑誌に比べて高級感があるからです。
(値段もそこそこしますが・・・)

これらの雑誌は軒並み一眼レフの記事が中心なのですが、私的にはコンパクトデジカメをもっとたくさん取り上げてほしいです。
コンパクトデジカメの比較とか、構造、撮影テクニックをたくさん取り上げてくれる雑誌があったら非常にうれしい。

「デジキャパ」よりライトユーザ向けの「コンデジキャパ」なんて発刊してほしいなぁ。

CAPA・デジキャパについてはココ ↓

http://capacamera.net/

デジタルカメラマガジンについてはココ ↓

http://www.impressjapan.jp/

三脚無しだと・・花火撮影

ちょっと前ですが、お盆休みに予定外の花火大会を見ました。規模は小さい花火大会でしたが、撮影したものを掲載します。[川場まつり 花火大会]

Khanabi1

Khanabi3

Khanabi4

三脚が無く、手が振れるとそれが写真に出てしまっています。
また、下調べ無しなので、電線が写りこんでしまってます。
(撮影時は気づきませんでした)

それでも、構図は今までに無くいい感じで撮れました。三脚がほしかったです。

秋に向けての・・ 札幌記念

今日は札幌記念です。秋のG1につながる大切なレース。このレースをステップにG1を制した馬もいる夏でも特別なレースです。

夏の重賞の中で一番賞金が高く、ここを勝てれば天皇賞秋への出走も可能になってきます。

で、今年は、有馬記念優勝馬のマツリダゴッホが登場。春があと一歩だったマイネルチャールズも出場します。

この2頭で買いたいのですが、このレースにはオカルト的な傾向があるので、それも無視できません。それは・・・

前走3着馬の連対率50%OVER(過去10年より)

気になるデータです。人気2頭を買うよりここから買った方が高配当になりますし、ちょっと冒険したいと思います。

◎マンハッタンスカイ
前走、函館記念3着。馬主は地元のヒダカBU。2000Mなら連対率50%OVER。ここまで条件がそろえば、連軸にしても良いのでは。

○マツリダゴッホ
やっぱ格が違うでしょう。札幌連対率50%でコースの不安はありません。久々なので、海外遠征後の状態がどうなっているかだけが不安材料でしょう。

▲コンゴウリキシオー
スムーズに逃げれれば、そのまま前残りもある馬です。平坦小回りの札幌ですし、マイネルとマツリダが牽制し合っている間に逃げ切っちゃうなんてこともあり?!

マイネルチャールズは、初の古馬対戦で、古馬との力差が見えないため次点としました。勝ってもおかしくないと思っています。あとは、運を天にまかせます。

2008年8月18日 (月)

オリンピックならずオンリーピック

もう、オリンピック漬けの毎日で、テレビをつければ必ずメダルの話で、、、、

楽しいですが、日本の不甲斐無さもあって(野球とか、男子柔道とか)ちょっと嫌気がでてきていましたが、

そんな中、巷で話題のもうひとつのオリンピックならぬオンリーピックが開催されています。

東京オンリーピックです。

ありえない競技を題材にしたオムニバス映画です。
スキージャンプペアの真島理一朗氏が総監督で、なんか期待できそうです。

先日テレビの情報番組(名前は忘れました)で、この映画の1競技である「男子親離れ」が紹介されていましたが、映像が流れたあと、アナウンサは何も感想を言わずに流してしまいました。見てみるとわかるのですが、アナウンサ的にはコメントしづらい映像です。

8月8~24日に新宿でハイライト版を上映しているようですが、メインは9月に発売されるDVDのようですね。見てみたいけど、買うまでは・・・っていう作品でしょうか。

ホームページはここ↓

http://www.onlypic.org/index.html

2008年8月17日 (日)

お盆の終わりを飾る重量2戦

明日は、北ではクイーンステークス、西では北九州記念と2つの重賞があります。お盆休みの最後をいい思いで飾れるよう予想してみました。

まずは、クィーンステークス

3歳馬から、桜花賞・オークスと活躍した、エフティマイアとレジネッタが出走します。何でここを使うのかちょっと疑問ですが、有力であることは間違いないでしょう。
古馬からはヴィクトリアマイル4着のヤマニンメルベイユが参戦します。3歳馬との差を見せれるでしょうか。
あと、扱いに困るのはユキチャン。関東オークスの実績がそのまま芝の重賞に生かせるかは疑問です。
いろいろ悩みますが、ここは速い馬を狙いたいと思います。(坂がないのでスピード能力がそのままでるかも)

◎ヤマニンメルベイユ
1600Mの持ちタイムは1.34.1でメンバーの中では上位。ザレマが出走取り消しとなって、古馬の代表格はこの馬でしょう。

○エフティマイア
これも1.34.1の持ちタイムあり。ただ、時計が出る新潟のタイムだけに2番手か。

▲ハートオブクイーン
勝ちは函館1200Mのみ。その2戦に騎乗した、武幸四郎が今回は乗ります。何かが起こりそうです。

つぎは、北九州記念

このレースは、4歳馬が非常に活躍するらしいです。去年、おととしと三着までに4歳馬が2頭づつ入っています。なら、今年も4歳馬を連軸におきたいでしょう。4頭いる4歳馬から1頭を選び、相手を探してみました。

◎クールシャローン
この夏、小倉の1600万条件を勝ち、ここに挑戦してきた上がり馬です。1.07.4の持ちタイムも申し分なし。斤量も53kで恵まれていると思います。

○レットバトラー
この馬もこの夏の上がり馬です。持ちタイムがちょっと遅いのですが、勢いで食い込んでほしいです。

☆ゼットカーク
前走1000万条件の馬は連対率50%とのこと。前走1000万の馬はこの1頭のみ。狙ってみると面白い?!

ちょっと穴気味な予想です。万馬券狙います。

2008年8月16日 (土)

ひまわりを撮る

お盆休みももう終わりになります。

夏を感じれるものを見たくて、明野(筑西)のひまわりを見てきました。(あけのひまわりフェスティバルは来週からなのですが、、、)

曇っていたので青空の下のひまわりは撮れませんでしたが、たくさん咲いていて夏らしい風景でした。

Photo

1

でも、明野のひまわりの本番は来週末からです。まだ、こんなに若いひまわりがいっぱい準備中です。

2

ミツバチがいっぱい飛んでいました。人に危害は加えないのでそっとしてあげましょう。

Photo_2

あけのひまわりフェスティバルのことはここから↓

http://www.chikuseikanko.jp/index.html

2008年8月10日 (日)

ぱちんこアバンギャルドにハマル。

この土日、パチンコにハマリました。京楽のぱちんこ「アバンギャルド」を2日間(トータル16時間)もです。なぜ、ここまでこだわったかというと

確変中はアイドルとデートをして、告白が成功すれば確変継続

ってとこです。

告白のときはワクワクって感じですが、断られたときは、いつものパチンコ以上にがっかりします。
「別に、パチンコなんだし」
って思うのだけど、思いのほか心のダメージが大きいです。

告白が成功したときは、なぜか恥ずかしく、ちょっとにやにやしてしまう。男の性なのでしょうね。

そんななか、1日目では、メジャーどころ(奇数絵柄の子)とデートができませんでした。その悔しさから、

眞鍋かをりをおとす!!

麒麟なんかに負けない!!(麒麟はでてきませんが・・)

と心に決め、日曜日チャレンジ。んで、ついに眞鍋かをりをおとしました。(というか全員おとしました。コンプリートです)

なんか、ぱちんこに勝ったよいうより、アバンギャルドを征服したっていう達成感がありました。

まさに、京楽の策略にはまった2日間でした。確変時の告白の瞬間以外は特に注目する点はありません。
 小倉優子の曲は知らないのでボーナス中は歌えないし
 モンキッキの奥さんは出てくるし・・・・。
まあ、暇な休日で何かを成し遂げたいなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。(お金はたくさん必要です!!)

ぱちんこ アバンギャルドの紹介は↓

http://www.kyoraku.co.jp/public/products/2008/avantgarde/index.html

2008年8月 7日 (木)

函館満喫 グルメ編

函館といったらグルメ。とにかくうまいです。いろいろな料理が出ましたが、函館らしく(?)

Photo_4

かにです。身がいっぱいでボリュームあって旨い!

Photo_5

あとは、米(?)。この米は「ふっくりんこ」て言う道南で生産している銘柄です。これから全国的にPRしていく地域期待の米です。

うに・いくらは写真を撮るのも忘れて食ってしまいました。。。

でも、やっぱ、函館名物は「ふっくりんこ」で決まりでしょう。

2008年8月 6日 (水)

函館満喫 観光編

競馬だけじゃなんなので、観光もしました。

Photo

函館駅に止まっていたバスです。観光地らしいレトロバスですね。

3

これは、・・・? 牛・・・?
男爵博物館の庭にいました。なんと言うセンスなんでしょう。

Photo_2

んで、大沼のフレンドリーベアの風景です。熊の剥製が、フレンドリーでは無いと思いますが。。。。

Photo_3

最後は浜辺から見た函館山です。函館らしい風景を1つぐらい載せないとね。

夜景は今回断念しました。次は夜景を狙います。

2008年8月 5日 (火)

函館満喫 競馬場編

函館に行ってきました。あいにくの天気で、せっかくの港まつりなのに、パレードが見れませんでした。でも競馬は開催しています。

Keibainh

宿の窓からも競馬上が見えて、朝だと馬たちの調教風景が見れます。

Keibainh2

天気は悪かったのですが、コースが近いのでこんな写真も撮れます。

Keibainh3

こんな函館競馬場も、これで見納めです。この開催が終わると、新スタンドが着工されますので、次は2010年の夏になります。

きれいなスタンドになったら、また、行きたいです。

ちなみに戦績はダメダメでした。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »