2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 競馬道場 初段の証 | トップページ | 平城遷都1300記念キャラ誕生 »

2008年3月 9日 (日)

皐月賞に向けて 弥生賞

今日は弥生賞です。昨日チューリップ賞もありましたし、クラッシクに向けてのトライアルが本格化してきました。

今年の3歳馬オープンは、一番人気があっさり勝つっていうレースが少ないです。私なりに考えたところ、レース実績の少ない一番人気が負けている気がします。人気先行って感じでしょう。

んで、今日の弥生賞はどうでしょう。人気馬は4戦以上の実績があり、OPにて好走した馬ばかりです。なので、人気サイドで決まる可能性が高いのではないでしょうか。

でも、昨年のココナッツパンチのような例がありますので、新馬戦からの直行組もチェックが必要ですが、唯一のテラノファントムにそこまでの力はないと思います。

ということで、ここは、堅くそれでいて夢を見れるこの馬たちでどうでしょう。

◎キャプテントゥーレ

デイリー杯の勝ち馬で、朝日FSの3着馬(今回のメンバーでは最先着)、1800Mの勝ち鞍もあり、距離もOKです。勝ってもおかしくない馬です。

○アインラクス

若駒Sの勝ち馬。前3戦ともに上がりは34秒台で安定しています。連に絡む可能性は高いのではないでしょうか。

▲マイネルチャールズ

オープン2連勝中。中山が得意な馬です。本命にしたい馬ですが、使い詰めであるところが気がかりで3番手にしました。

☆テラノファントム

勝てないと思いますが、新馬勝ちでここを狙ってくる馬は権利がほしいはず、ワイドで抑えてみる価値はあるかも??

という4頭です。スターホースが出てほしいですね。

« 競馬道場 初段の証 | トップページ | 平城遷都1300記念キャラ誕生 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞に向けて 弥生賞:

« 競馬道場 初段の証 | トップページ | 平城遷都1300記念キャラ誕生 »