2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« やわらかアトム?スタート? | トップページ | 「ちりとてちん」意外といい? »

2007年10月 7日 (日)

毎日王冠と京都大章典で秋競馬を占う

今日は、秋競馬の古馬の主役たちが集う重賞が東西で開催されます。

馬券が当たらなくても、馬券を買わなくても、秋競馬を楽しみたい人は見逃せないレースです。いつものごとく「はずれる予想」をします。

毎日王冠は、バランスオブゲームのような超一流GⅡ馬が活躍するレースです。今回、まさにこの一流GⅡ馬の仲間入りができそうな馬がいます。

◎コンゴウリキシオー

立派な一流GⅡ馬になれる資格がある馬です。このレースがそのための試金石になるでしょう。開催1週目のきれいな馬場ならば、逃げ切ることは可能です。ビックプラネットとの競り合いにならなければ、十分に勝機があります。

○ダイワメジャー

このメンバーの中では断然1番力のある馬でしょう。斤量とか、休み明けとか関係ないレベルだと思います。勝って当然ではないでしょうか。この馬の後ろを走る馬には勝機はないと思います。

☆エリモハリアー

函館専門のGⅢ馬ですが、前走オールカマーでは中山なのに3着でした。もう7歳ですしこの秋がこの馬にとってラストチャンスだと思います。ここでいい成績が出せれば秋天出走でしょう。3着と見ました。

京都大章典は、例年堅くきまっています。スイープトウショウ回避で私的には軸がいなくなってしまいました。巷では2強対決と思われていると思いますが、私はこの馬の復活を願います。

◎ハイアーゲーム

ハーツクライのライバルはこの馬と思っていました、1年半の休養明けですので、ここで勝つことは難しいと思いますが、夢を見させてほしいです。

○ポップロック

インティライミは私的に信用できません。こちらの方が信用できます。それだけです。

▲ファストタテヤマ

京都といったらこの馬ってなぜか思ってしまいます。もう8歳なのですね。最後の追い込みをこのレースで見せてほしい。

« やわらかアトム?スタート? | トップページ | 「ちりとてちん」意外といい? »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日王冠と京都大章典で秋競馬を占う:

« やわらかアトム?スタート? | トップページ | 「ちりとてちん」意外といい? »