2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

「茜色の約束」ってとってもいい - いきものがかり

「いきものがかり」の曲に、今日、かなりはまっています。YouTubeでPVをいろいろ見ています。ってなんで「いきものがかり」かっていうと・・・

最近、auのCMで「いきものがかり」の「茜色の約束」が流れています。サビの部分だけがCMで流れていましたが、全編を聞きたくなりPVをチェックしました。

すっごくいいです。通して聞くとサビの部分で気持ちが高ぶります。ちょっと泣きそうになります。歌詞だけでもまあまあいいんですが、メロディに歌詞が乗るとすっごくいいです。

♪ やがて「別れ」が訪れても ふたりすべてを受け止めてく ~♪ から、曲の最後へ流れていくメロディの盛り上がりがちょっと身震いします。高いキーの吉岡聖恵さんの声がいいからかもしれません。

とにかく、この「茜色の約束」と「いきものがかり」はお勧めです。

オフィシャルページはここ↓

http://www.ikimonogakari.com/

天皇賞秋を占う

スワンSにて、愛馬スイープトウショウは4着でした。最後の伸びがいまいちでしたね。やはり+18kgがひびいたのでしょうか。

そして、明日は天皇賞秋。春の古馬G1馬が3頭そろったドリームレースです。でも、この3頭での決着では配当がさびしいです。

ということで、「当たるかも予想」をします。

まずは、天候。今日は大雨で馬場は最悪の状態ですが、明日は晴れますので多少改善されそうです。それでも、開催4週目ですので、内から伸びるのは無しでしょう。

さらに、このレースの過去10年実績では4,5歳馬が活躍していて6歳馬で勝った馬はいません。なので6歳以上は割引します。

以上をふまえて、こんな感じでどうでしょう。

◎マツリダゴッホ

前走はオールカマーで人気に答えて1着。充実の4歳馬。8枠ですが、意外と8枠でも3着までに入った実績があります。折り合いさえつけば面白いことになりそう。

○メイショウサムソン

宝塚記念では2着に負けましたが、これは仕掛けどころの問題だけ、実力はNo.1でしょう。でも今回は、「大雨後の1枠」と、「石橋が乗らない」ことで2番手にしました。

▲ダイワメジャー

前走は、レース展開によるもの、今回は前走のようなハイペースにはならないはず、6歳でなければ、本命にしていました。

☆カンパニー

関屋記念の鋭い伸びが印象的です。6歳ではありますがようやく本格化したのでしょう。東京での実績はありませんが、スローペースの瞬発力勝負になったら、割り込んでくる可能性ありです。

これでどうでしょうか、自信がありません。ポップロックとかアドマイヤムーンとかが勝ちそうな気がします。。。。。

2007年10月27日 (土)

相棒で裁判員制度を考える

「相棒」がスタートしました。初回は2時間で見ごたえがありました。

このドラマを見て、裁判員制度についてかなり不安を感じています。

自分が選ばれたらどうしようって、余計な心配をしてしまいますが、調べたところ、すべての裁判に適用されるわけではなさそうですので、選ばれる確率はかなり低そうですね。それでも、約60人に1人が一度は経験することになるようです。

選ばれてしまったら、ほぼ強制的に出頭させられて、審査を通過すると裁判員になれるようです。やりたくない人にとっては、強制出頭で審査されるっていうなら、はじめから選ぶなって思います。

んで、はれて(?)裁判員に選ばれたあとは、裁判に関する情報を漏らすこと罪人になれるおまけがついているようです。知りたくも無いことを教えられた上に他言したら処罰を受けるっていうものいい迷惑です。

裁判に出頭するための諸経費は、国から支払われるようですが、とてもその日当は、この労力と責任に見合うものではないでしょう。

かなり、否定的なことを書いてしまいました。税金が上がるうえに、国民の義務も増えるっていうことが、否定的にさせるのかもしれません。

この制度が浸透して、裁判員に選ばれることが名誉なこととなってくれば、もっと見方が変わると思います。

2007年10月25日 (木)

今週は天皇賞よりスワンS

今週は天皇賞ですが、それよりも楽しみなのはスワンステークス!!

そう、スイープトウショウが出走します。競馬界のわがまま娘、競馬界のエリカ様です。

京都大章典は、出たくなかったらしく調教を拒んでましたが、スワンSはちゃんと走るようです。レースを選ぶ馬とは、なかなかのお姫様ぶりで、そんなところが、ファンのハートをつかみますね。

調教では、絶好調ってわけではありませんが、新馬、ファンタジーSとデビュー2連勝したコースと距離で、あっさり勝ってしまうかもしれません。

この馬にとって、敵は自分の気性でしょう。まずは、無事ゲート入りできることを祈ります。

2007年10月23日 (火)

溜池NOWを見よう

GyaOにて放送中の 溜池NOW という番組が、意外と面白いことを、つい最近ではありますが確認しました。

中川翔子さんと人形が司会で、取り上げている内容がなかなかマニアチックでいいです。ネットTV界のタモリ倶楽部的な番組です。

今週は、「カイジ」の作者の福本伸行さんをゲストにギャンブルマンガについて語られているのですが、その中で「Eカード」を実践しています。

この「Eカード」実践がいい。えびすよしかず氏の真剣なプレイ姿勢が、いつもの彼とまったく違い、ジャンプル人として見習いたいと、しみじみ感じてしまう。というかこの「Eカード」が欲しいです。飲み会なんかで遊ぶと人の本性が見れて面白いかもしれません。

ほかにも、鑑定団とか天下一武道会とか、いい企画を過去にもやっているので、暇な方はチェックする価値あると思います。

2007年10月21日 (日)

sakusaku - キャラたってる?

sakusakuって番組の中で、中村優ちゃんをキャラたてるって話題を見ました。

そこで、「キャラたってる」ってどんなタレントでしょうか?「キャラたってる」の定義は、芸ではなく、常にテレビに出ているとき、キャラを押し通しているってことだと思います。

女性タレントでは、

酒井法子(婚前):のりピー語です。本人はかなり苦痛だったようですが、成功したキャラクタです。
篠原ともえ:シノラーの教祖様です。1990年代後半に流行しました。
小倉優子:こりん星から来たりんごももか姫です。かなり無理があるキャラなので、ときどきボロがでますが、それがこのキャラを引き立てているのでしょう。
中川翔子:しょこたん語を操るアイドルですね。昔は大して気にはしていなかったのですが、最近はどんな番組でも結構目立つキャラクタになっています。

男性タレントでは

デーモン小暮閣下:相撲好きな悪魔ですね。キャラ立っている度はダントツでしょう。
ルー大柴:これをキャラといっていいのかは疑問ですが、英語+日本語のコメントは、キャラといってもいいのかもしれません。

沢尻エリカのエリカ様キャラも上げたかったのですが、本人が反省してしまっているの圏外としました。
他にもたくさんいるのだと思いますが、思いつくのはこのくらいでした。

sakusakuでは中村優ちゃんをキャラたてようとしていましたが、これらのタレント勢に食い込むのは難しいでしょうね。

アサクサ見事なG1勝利!

やった!!菊花賞を見事当てました。それも本命・対抗で的中です。

アサクサキングスは、ダービー2着馬の実績通り、3歳牡馬チャンピオンの走りをしてくれました。でも、単勝配当が、下がってしまったのが残念です。(昨日は9倍ついていたのに。。。)

アルナスもいいレースをしたと思います。前走3着は実力だったことを証明できたのではないでしょうか。

ということで、「あたらない予想」が当たってしまったので、次週の天皇賞では勝手ながら「あたるかも予想」に昇格します。

2007年10月20日 (土)

菊花賞は大波乱?!

明日は菊花賞ですね。ダービー馬不在で波乱の匂いがぷんぷんします。ヒシミナクルとかソングオブウインドのときみたいなことがおきそうですね。

5,6年まえは、「堅い菊花賞」の印象が強かったのが、ここ5年ではディープインパクト以外は1番人気が連に絡んでいない「波乱の菊花賞」です。

では、何を基準に選ぼうか悩むところですが、以下の点を重視しようと思います。

1.神戸新聞杯組

2.2400M以上での連対実績

3.OP勝ち実績

4.春不完全燃焼だった馬

特に4番の点が、気になっています。ザッツザプレンティとかがそうだったと思います。

なので、こんな「当たらない予想」になりました。

◎アサクサキングス

ダービー2着馬ってことは、春の牡馬チャンピオンです。神戸新聞杯も2着だったし、普通はこれが勝つでしょう。

○アルナスライン

前走が古馬相手で3着。1、2着は当然来週の人気上位馬。今年の3歳牡馬のレベルの低さからすると、抜けているのかもしれない。

▲ヴィクトリー

ブライアンズタイムの子供が、3000M走らないわけが無い。皐月賞馬は意外と菊花賞で活躍するので、ここは抑えないと痛い目に合いそうです。

☆フサイチホウオ-

春はあれだけ人気になったのに、今回は現時点で二桁配当です。実力はあると思うのですが、ここまで人気が落ちると理由もなく買いたくなりませんか?

ってとこです。ロックドカンプは1番人気なので外しました。これでどうだ!!!

いまさらだけどスキマスイッチ

8月に発売されたCDなのですが、スキマスイッチのグレイテスト・ヒッツを、最近聞き続けています。寝る前とか、ネットをチェックしているときとか。。。

発売されてすぐにMP3プレーヤーに入れてはいたのですが、知っている曲が「全力少年」だけだったのであまり聞いていませんでした。

んで、つい最近寝る前に聞いてみたら、

とにかく、落ち着くんです。寝つきがいいんです。

大橋卓弥さんの声が、心地いいし。常田真太郎さんのピアノもいいです。「奏」なんかとっても落ち着きます。

バラードだけじゃなく、ハイテンポの曲もいいです。「ガラナ」とか。

当分、このアルバムにはまりそうです。スキマスイッチの新譜でないかなぁ。

2007年10月15日 (月)

ガリレオ 大ヒットの予感

この秋の本命の1本、「ガリレオ」の初回放送が先ほど終わりました。

当然、面白い!!

柴咲コウさんも、福山雅治さんも期待通りの演技でいいです。カッコいいです。

トリックを見破って終わりではなく、そのトリックの裏にある犯人の心理までを追求してて、いい1本の作品になっていました。

品川祐さんのキャスティングに疑問を感じましたが、まあ、ご愛嬌というところでしょう。

次週が楽しみです。

2007年10月14日 (日)

2007秋ドラマがスタートしました。

今週は、医龍2やドリームアゲイン、モップガール等々がスタートしました。(今、ハタチの恋人を見ています)

医龍2は、想像通りの面白いドラマでした。内田有紀さんは、年をとりましたが相変わらずかわいいです。

それより、期待していなかった、モップガールが意外と面白いです。ヒロインの北川景子さんは演技が初々しくて、それがまたいい感じになっています。

ドリームアゲインも、意外といいです。コブクロが歌う主題歌もいいのでヒットの予感がします。(志田未来ちゃんの役どころに違和感を感じるのは私だけかもしれませんので。。。)

んで、今、ハタチの恋人を半分見たのですが、ドラマにのめり込めません。。。。もしかして駄作?。期待しすぎたのかもしれませんね。

今見ながら思うのですが、長澤まさみさんの演技に最近イライラしませんか?かわいいのかもしれませんが、長澤まさみさんならモップガールの北川景子さんの方がいいと思います。。。。

おっと、今日は秋華賞!

あなごめしに惑わされて、今日がG1Dayであることを忘れそうでした。

秋華賞ですね、ここはばっちり外さないといけませんので、「ハズレ予想」をします。

休み明け叩いてきた馬も、休み明け初戦の馬もいますが、今回は、単純な能力比較で考えました。

・ 桜花賞でダイワはウォッカに勝ち

・ NHKマイルでピンクカメオは男馬(ローレルゲレイロ等)に快勝

・ ダービーでウォッカは男馬(ローレルゲレイロ等)に快勝

・ オークスではローブデコルテが、ベッラレイア・ピンクカメオに快勝

・ ローズステークスではダイワがベッラレイアに勝ち

って考えると、ベッラレイアはみんなに負けているので×になります。あとは、穴馬を狙いつつ、これでいかがでしょうか。

◎ダイワスカーレット

○ローブデコルテ

▲ウォッカ

△ピンクカメオ

☆ラブカーナ

適当な予想なので、予想信頼度は10%未満です。

駅弁大会であなごめし

先ほど、スーパーの駅弁大会に遭遇したので、今日のお昼にといろいろ見ました。

まだ、子供のころ(20年以上前)は駅弁大会といえば「富山の鱒寿司」が定番でしたが、今はどうやら違うようですね。

横浜のシュウマイ弁当(崎陽軒)があれば、買いたかったのですが、シュウマイしか置いてなくシュウマイ弁当がありませんでした(残念)

イクラとか、カニとかが入っている弁当でも良かったのですが、今日の気分で

「広島」の「夫婦あなごめし」をチョイスしました。

Anago1 Anago2

なるほど2本のアナゴで夫婦なのですね。オス・メスが対で入っているわけではなさそうです。(まあ、この状態だと区別がつきませんが。。。)

最初は、駅弁なのでそのまま食し、途中でレンジで暖めて食べました。

率直な感想として、

「暖めないほうがいい!!」

まあ、駅弁なのですから冷えてる状態を食べるのが前提ってことなのでしょう。あと、1000円近くしたのですが、1000円の価値があったかは?です。何ででしょうね。電車にのっているときはこれで十分に満足できるのですが、家で食べるよ何か物足りません。

やはり、駅弁は、旅の最中に食べないとおいしくいただけないように作られているのでしょう。

2007年10月10日 (水)

PS3にそろそろ手を出しましょうか。

PS3のラインナップに40Gタイプが追加されるようです。11月11日発売とのことです。

http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20071009_ps3.html

「ガンダム無双」が発売されたとき20Gタイプを購入しようかと悩みましたが、無線LANがついていないこと等もろもろで購入をやめました。

でも今回は無線LAN付で、容量も倍の40G、さらに定価も4万を切るとのことで、欲しいモード全快です。PS2のソフトが動かないそうですが、PS2は持っているのでPS3でPS2ソフトを起動する必要もありません。

真三国無双5も11月11日に発売しますし、みんごる5もやりたい!

この思いが発売日まで持続したら購入しよう。(あと、購入費をどうにかしなくては。。)

2007年10月 8日 (月)

ルービックキューブ再ブーム?

ルービックキューブの世界大会で日本人が優勝しました。中島悠さん優勝おめでとうございます。16歳の若さですごいですね。世界大会ではありますが、優勝賞金は80万ちょっととは、さびしいです。

子供のころ流行ったルービックキューブですが、最近本屋やコンビニに置いてあるし、ドラマとかの小道具の中にもたまに見かけます。もしかして再ブームでしょうか。

私的にはルービックキューブよりも、マジックスネークの方が好きでした。たぶん六面そろえるのに攻略本を見ながらでないから違うものが好きになったんでしょう。でも、マジックスネークをパズルというよりは、「怪獣」役で遊んでいました。(ウルトラマンに絡めたりね。。。)

そんな中、ルービックキューブ スピードキュービングキットなるものが、メガハウスから発売されました。高速で廻すために固さの調整ができるタイプのようです。ゆるすぎると廻りすぎますし、当然固さと早く廻せません。自分の固さに調整できるなんて楽しそうですね。

でも、まずは攻略本なしで六面そろえられるようにならなきゃダメですね。

http://www.megahouse.co.jp/products/puzzle/pu016/index.html

「ちりとてちん」意外といい?

ちりとてちんが2週目突入です。

どんとはれが非常に良かったので、今回はそれほどと思っていたのですが、さすが、「NHK大阪」ですね。おもしろい匂いがぷんぷんします。

あの月9(ピュア)で主役をやってた和久井映見さんがお母さん役です。ピュアから10年以上経ってしまったのですね。。。。。そんな和久井映見さんの「おもしろお母さん」でドラマをより楽しくしています。

京本政樹さんのおじさん役は、ちょっと馴染めませんが、これからいい味だしてくるんでしょうね。

そうそう、主役の桑島真理乃ちゃんが、かわいくていい演技します。おじいちゃんが亡くなって泣いているところなんか、もらい泣きしそう。。。この子のままで数週間引っ張っても良いのでは?1週だけとはもったいないです。

んで、本当の主役・貫地谷しほりさんは今日から登場です。この子はスィングガールのトランペット役が印象に残っています。そういえば、トロンボーンの本仮屋ユイカさんは、「ファイト」で朝ドラ済みですね。サックスの上野樹里さんも「てるてる家族」に出ていました。この流れでドラムの豊島由佳梨さんもぜひ朝ドラ主役をやってほしいです。

とにかく、当分見逃さないようにします。

http://www3.nhk.or.jp/asadora/

2007年10月 7日 (日)

毎日王冠と京都大章典で秋競馬を占う

今日は、秋競馬の古馬の主役たちが集う重賞が東西で開催されます。

馬券が当たらなくても、馬券を買わなくても、秋競馬を楽しみたい人は見逃せないレースです。いつものごとく「はずれる予想」をします。

毎日王冠は、バランスオブゲームのような超一流GⅡ馬が活躍するレースです。今回、まさにこの一流GⅡ馬の仲間入りができそうな馬がいます。

◎コンゴウリキシオー

立派な一流GⅡ馬になれる資格がある馬です。このレースがそのための試金石になるでしょう。開催1週目のきれいな馬場ならば、逃げ切ることは可能です。ビックプラネットとの競り合いにならなければ、十分に勝機があります。

○ダイワメジャー

このメンバーの中では断然1番力のある馬でしょう。斤量とか、休み明けとか関係ないレベルだと思います。勝って当然ではないでしょうか。この馬の後ろを走る馬には勝機はないと思います。

☆エリモハリアー

函館専門のGⅢ馬ですが、前走オールカマーでは中山なのに3着でした。もう7歳ですしこの秋がこの馬にとってラストチャンスだと思います。ここでいい成績が出せれば秋天出走でしょう。3着と見ました。

京都大章典は、例年堅くきまっています。スイープトウショウ回避で私的には軸がいなくなってしまいました。巷では2強対決と思われていると思いますが、私はこの馬の復活を願います。

◎ハイアーゲーム

ハーツクライのライバルはこの馬と思っていました、1年半の休養明けですので、ここで勝つことは難しいと思いますが、夢を見させてほしいです。

○ポップロック

インティライミは私的に信用できません。こちらの方が信用できます。それだけです。

▲ファストタテヤマ

京都といったらこの馬ってなぜか思ってしまいます。もう8歳なのですね。最後の追い込みをこのレースで見せてほしい。

2007年10月 5日 (金)

やわらかアトム?スタート?

やわらか戦車は、ネットアニメでは、かなりメジャーなタイトルです。

最近、新作チェックを怠っていたのですが、ひさびさにチェックしたところ

「やわらかアトム」なるものがスタートしていました。

http://anime.livedoor.com/yawaraka_atom/

手塚プロダクション公認だそうですが。。。アトムは平和を守る気が無いようです。

アトム以外はみんな御茶の水系ですし、アトムっていうよりも

「御茶の水戦車」に変わる日も近いかも知れません。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »