2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

さよならジャイアント白田-幽門が開いた!!

大食い王選手権はどうでしたか?

ギャル曽根は意外と弱かったですね。タレント業で最近鍛えていないのかもしれません。

魔女・菅原の大食いというが早食いはすごい!鳥ささみの30分勝負とかなら、圧勝しそうです。

そんな今回で、ジャイアント白田が引退とのことです。元キング山本も、引退するとの表明を番組中に行いました。本当に元キングは引退するのかは「?」ですが、ジャイアントの引退で、次からの大食い王選手権がつまらなくなってしまいそうです。

そんな今回の大会での名言としては、

「腹、何分目ですか?」「少なすぎてわかりません」(元キング)

がカッコいいとおもいましたが、最後に、ジャイアントの発した

「幽門が開いた!」

が、最高です。大食い界の歴史に残る名言になるでしょう。

ジャイアントの実業家としての第2の人生の成功を祈ります。

2007年9月28日 (金)

秋競馬のG1第1戦がもうすぐ

秋競馬のG1シーズンが始まります。スタートはスプリンターズS!!

ここが当たれば、いい秋を迎えられそうです。

このレースの場合、とにかく1200Mの実績はほしいです。あと、休み明けよりは、たたき2戦目ぐらいの馬を選びたいです。夏使い詰めの馬は疲れが気になりますしね。

でも、今年の夏はインフルエンザ騒動があったため、予定通り秋に向けてスタートできなかった馬も多かったと思います。そこで、

「休み明け初戦の実績馬」は抑えたいですし、無理して一叩きした馬よりは、「夏の勢いのある馬」を選びたいと思います。

◎クーヴェルチュール

桜花賞の後、短距離路線で開花した快速牝馬です。このひと夏で大きく進化した3歳牝馬で、今回は斤量的にも有利ではないでしょうか。同じ3歳ではアストンマーチャンの方が人気だと思いますが、古馬相手に2勝している点を評価します。

○ペールギュント

2歳のときは、クラッシックを賑す逸材とおもっていたのですが3歳時は不発におわり、このまま終わってしまいそうでしたが、今年の高松宮から短距離に活路を見出しました。私的には、高松宮1着のスズカフェニックスよりもこちらを買ってみたいです。

▲アイルラヴァゲイン

今回、叩き3戦目で走り頃ではないでしょうか。中山1200Mは重賞勝利の実績があり、連に絡んでもおかしくないと思っています。鞍上の松岡騎手も気になります。

こんな3頭でどうでしょうか。今年は、混戦になりそうな気がするので、このあたりでも当たる可能性は結構あると思います。でも、当てたいのであれば、人気のスズカとアストンを抑えましょう。

万馬券狙いであればメイショウボーラーも面白いです。

2007年9月27日 (木)

待望のINFOBAR2登場

私は根っからのauユーザで、IDO時代から10年以上使っています。今はW32Hの白を使っています。

飽きっぽい性格なので、ほぼ1年で機種変更をしていたのですが、今年の春・夏モデルにはほしいものがありませんでした。

そんな中、ついにINFOBAR2が発表され、もうこれしかないって思っています。

折りたたみ型のようなキーボードを隠してしまう機種もいいのですが、私的には昔のようなこのタイプが気になります。

また、初代INFOBARに比べて丸くなったところもGoodPointです。2007年春に発売されたMEDIA SKINも良かったのですが、現品を見てあまりにも角ばっていて手に馴染まなく機種変更を見送りました。

バリエーションも初代の3色から今回は4色に増えたようです。WARM GRAYも気になりますが、冒険してMIDORIも良いかもしれません。(下のページの記事にもありますが、裏面が量産型ザ○っぽいところも気になります)

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0709/26/news074.html

早く店頭に触ってみたいです。早く発売してほしい!

2007年9月25日 (火)

10月からの私的注目ドラマ

10月からの私的注目ドラマ

もう9月も終わりで10月からのドラマが気になり始める季節です。7~9月は、

「パパとむすめの7日間」、「山田太郎ものがたり」 と 「ライフ」

の3本をちゃんと見ました。「壁おんな山おんな」とか「スシ王子」とか「受験の神様」(等々)は断片的にしか見ていません。そんな私的な10月からの注目ドラマはこんな感じです。

まずは、フジテレビからの注目、

◎ ガリレオ

今度の月9は、事件ものです。東野圭吾が原作ってところも期待できます。

○ 医龍2

結構好きだった医龍の続編です。阿部サダヲファンとしては、麻酔医の活躍を期待しています。

○ SP

ライアーゲームといいライフといい、この時間帯は月9より期待できると思っています。

次はTBS

▲ ハタチの恋人

ひさびさに、さんまさんの連続ドラマです。長澤まさみとペア組んだのは、さんまさんの希望なのでしょうか。やはり、さんまさんには力がありますね。

んで、日テレ

▲ ドリーム☆アゲイン

野球選手が若社長に乗り移るっていう設定自体がかなりギャンブルです。面白くなるか、つまらなくなるかは紙一重でしょう。渡邊睦月氏の教習所物語は見たこと無いのでなんなのですが、2時間ドラマから連ドラに展開できるほどの脚本家であれば、期待してもよいのかもしれません。

最後はテレ朝

◎ 相棒

やった、シーズン6です。テレ朝の水曜ドラマもののなかで一番好きです。右京(水谷豊)がとってもよいです。

ほかにもいろいろなドラマが始まりますが(モップガールとかスワンの馬鹿とか)、私の注目はこのあたりです。ガリレオと相棒は録画必須で挑みます。

あと、アニメなのですが注目作品が登場します。

それは、「カイジ」です。

コンビニで「沼パチンコ編」を一気に立ち読みしてファンになりました。でも他の勝負は呼んでいません。限定じゃんけんとか、このアニメを見て勉強します。

2007年9月24日 (月)

ファインテンション・スクールってどう?

土曜日の朝は、チャンネルをいろいろ変えていたら、目に留まった番組。それが「ファインテンションスクール」です。昔あった「ウゴウゴルーガ」っぽいけど違う番組です。間違いなく小学生低学年をターゲットとしているようです。

堀健が小学生たちをいじっているのですが、真の内容は、小学生には理解できないと思います。短編アニメは、子供受けしそうな、安直でくだらないないようで、なんにもストレスを感じません。

私的には「進め!土管くん」がおすすめです。土管くんよりお父さんの方が存在感があって、いい感じですね。キャラクタ的には「本マグロトロ太郎」でしょうか。

子供番組と馬鹿にしないでぜひ大人も見てみてください。

http://www.ften.jp/

2007年9月21日 (金)

いまどきの音楽ソフト

ボーカロイド(VOCALIOD)ってご存知でしょうか。音楽ソフトなのですが、音階に日本語を入力すると発声してくれる優れもののようです。

自分が作詞した曲をパソコンが歌ってくれるなんて、なかなか面白いソフトです。

今から2年ぐらい前に初代VOCALIODが発売されました。価格は1万円を超えていて、話のネタに買うにはちょっと高いソフトでした。このソフトの2代目が発売されたらしいです。音楽色(発声の滑らかさ等)に走っていくのではなく。路線が違う気がするバージョンアップ?のようです。

なんと、声優さんの声で、歌わせることが目的で、シリーズ化もされるようです。この路線で脚光をあびてしまうとは・・・・。作詞家志望のおじさんが買うには辛いパッケージになっています。

音楽に無頓着の方が手を出しても使いこなせないソフトだと思うのですが、声優人気にあやかろうとするのは何でしょうね。雑誌(DTM)の次号に体験版が載るようですので、購入を検討している方試してみましょう。

http://www.dtmm.co.jp/

2007年9月17日 (月)

ライフ最終回みました?

この前の土曜日がライフの最終回でした。

このドラマのせいで、すっかり 北乃きい がお気に入りになってしまい「こんな娘がほしい」って思ってしまう今日この頃。。「美人」の部類ではなく「かわいい女子」であるので、若い内は、テレビドラマで活躍するでしょう。20才過ぎても生き残れればいい女優になれるでしょうね。

ライフの最終回は、やはりいじめが始まるって形になっちゃいました。完全にいじめが無くなるなんて、無理のある「非現実的」なエンディングを選ばなかったことで、ギズギズした終わり方はしなかったけど、もう一ひねりほしいような気がします。

ドラマが終わった後、次のクールの宣伝をしていましたね。次のクールも期待できそうです。フジテレビのドラマは、月9よりもこの時間帯の方が面白いかも。。。。

2007年9月14日 (金)

山田太郎ものがたり終了

山田太郎ものがたりがついに最終回を迎えました。

今回のクールで欠かさず見た数少ないドラマのひとつです。

最終回で、オープニングのエアギターを持ってくるところが、さすがマギーってとこですね。

最終回ってこともあって、マギーは出るし、リーダーも出るし、今までのテンションのまま最終回も終了して、いい感じです。

ばかばかしいとか、非現実的だとか言う人もいると思いますが、そもそも、テレビドラマにリアリティを求めてもしょうがないでしょう。(リアリティを追求するならドキュメンタリーをお勧めします)現実とかけ離れた物語にこそ、ドラマの醍醐味があるのだと信じています。

明日は、ライフの最終回ですね。(こちらは、山田太郎とは正反対)

いじめが収束していくのか、拡大していくのか、楽しみです。

2007年9月 8日 (土)

中山開催です

中山競馬場の初日です。そう、秋競馬がスタートです。

せっかくなので、中山に行ってきました。

昼休みには、サマー2000の表彰式があり、ユメノシルシのスタッフが表彰されていました。

Nakayama126

ユメノシルシは、新潟記念で単勝を買った思い出の馬です。どうやら今は休養中とのことでしたので、秋の重賞戦線には出ないようですね。ちょっと残念です。

紫苑ステークスと朝日CCは両方当たって気分がいいので、明日の予想をしちゃいます。

まずは、京成杯。難解です。今の段階では選べません。1頭上げるとすればマイネレコルトです。理由はJRAのホームページに掲載されている内容からです(前走より斤量が1キロ増+ノーザンダンサー系)。かなりオカルト的な理由ではあるのですが、ちょっと信じてみます。

つぎは、セントウルS。これは、アルーリングボイスで行きたいのです。でもキョウワロアリングも気になります。北九州記念組で狙いたいです。でも、フサイチリシャールも抑えたい。

とにかく、明日の新聞で、再検討してレースに望みます。

2007年9月 2日 (日)

枠連を見直そう

重賞3本立ての結果は、イマイチでした。札幌と小倉は取り上げた馬の中から勝ち馬が出たので、よしとします。(2着が選べていなかったので馬券的にはハズレですね)新潟は、まったく当たりませんでした。1着のエフティマイアは3連勝ですね。秋の阪神ジュベナイルを狙ってくるでしょう。

重賞の結果はこの通りだったので、悔しさのあまり、はくぼ競馬にチャレンジしました。小倉と札幌の11、12レースの計4レースです。それがびっくり4レースとも当たりました。(でも枠連で100円ずつなので。。。) おかげで、夏競馬の有終の美が飾れました。

そういえば、最近、馬連とか3連単とかがまったく当たりません。当たらないとつまらなくなるので、枠連と単勝を買うようになりました。

特に、枠連の2×3のフォーメーションで当てることが多いです。2頭軸を決めその枠から3つの枠に流す方法です。今日当てたはくぼ競馬の4レースもすべてこの買い方です。

やっぱ枠連はいいです。配当は少ないけど、予想外の馬でも当たってしまいます。馬単や3連単で夢を買うのもいいですが、枠でコツコツ当てていく方が長く競馬で遊べると思います。

枠連の人気が盛り上がって、競馬中継とかで配当を発表してくれればいいな。

2007年9月 1日 (土)

今週は重賞3本立て!

今週で夏競馬は終わりです。はくぼ競馬も最終日です。

中止の影響もあり、今週は重賞3本だてとなりました。夏の有終の美を飾りましょう。

まずは札幌記念。牝馬が活躍するレースです。ここをステップに秋のG1を狙う馬も多いレースですので、当然レベルが高くなります。牝馬は、2頭参戦しています。休み明けの実力馬も参戦していますね。

◎マツリダゴッホ

平坦小回りを考慮して、先行馬を狙います。鉄砲も利くので、いきなり勝ってしまう可能性は高いのではないでしょうか。

▲ディアチャンス、フサイチパンドラ

やはり夏は牝馬。このレースも過去牝馬が活躍しています。今年は2頭参戦、両方抑えたいです。

△サンバレンティン

新潟記念をやめてここを狙ってきています。ラストで差してくるとしたらこの馬でしょう。

次は、小倉2歳S。こちらも例年牝馬が活躍しています。また、新馬戦よりも未勝利戦勝ち馬の方が活躍しているようです。当然フェニックス賞活躍馬は、外せません。

◎マイネレーツェル

やはり、フェニックス賞最先着馬は外せないでしょう。

○アグネスクリスタル

1000Mの持ちタイムはやや重馬場で57.2は優秀ではないでしょうか。レース経験も豊富なので、有利でしょう。

△マルブツイースター

1200Mといったらバクシンオー産駒は抑えておかないといけない?

最後は、新潟2歳S。このレースは1600Mなので、1400~1600M実績がほしい。ダリア賞の勝ち馬が強いようですが、今年は参戦していません。何から狙ったらいいのか難しいので、「新潟は持ちタイムがいい馬が勝つ」という自論を信じて選びました。

◎タケミカヅチ

エイシンパンサーの方が人気なのですが、1200までしか経験していないため、ここは、1600の実績を尊重して2番人気馬で狙います。

▲リーベストラウム、ダイワマックワン

リーベストは、メンバー中1600M持ちタイムが最速、ダイワは1400M持ちタイムが最速です。

△ショウナンアクロス

前走は、出遅れでも差して1着。メンバー中1800M持ちタイムNo.1ですしね。

以上、1レースでもいいから当たってほしいです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »