2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 今年の宝塚は現役No1選手権 | トップページ | 今年前期G1を終えて »

2007年6月24日 (日)

さあ宝塚だ!

今日は、宝塚記念。昨日は、気がついたら宝塚のことを考えていた1日でした。

1日じっくり考えて、どうしてもウォッカが信じられません。

3歳馬がこの時期古馬と勝負になるのかが重要なところなので。目黒記念を例に見てみました。ダービーデイにココナッツが51Kで58.5Kのポップロックとの差の無い2着でしたね。牡馬同士で両者ともG1穴候補キャラで7.5K差が「対等」ってことでしょう。ってことは、ウォッカの7K差は「有利」ではなく「対等」になっただけって考えられませんか?であれば、ウォッカの1番人気は、過大評価?今年に入って体重が減りっぱなしってのも気になります。(肉体的な成長に疑問)

てことで、あえてウオッカは否定します。

となれば、もう悩むことはありません。天皇賞のメイショウサムソンVS安田記念のダイワメジャーが中心。直線で2頭が追い比べになったら、もう、2頭が突き抜けてもおかしくないです。距離適正を考えるとサムソンの勝ちかな。(JRAからのプレゼントも何かの暗示かもしれませんしね)

あと怖いところは、京都記念、ドバイDFと中距離の実績がものをいうアドマイヤムーンの追い込みと、夏の調子のよさと騎手の魅力でスウィフトカレントでしょう。

ということで、

◎ メイショウサムソン

○ ダイワメジャー

△ アドマイヤムーン、スウィフトカレント

ウォッカが勝ったらごめんなさいってことで。。

« 今年の宝塚は現役No1選手権 | トップページ | 今年前期G1を終えて »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さあ宝塚だ!:

« 今年の宝塚は現役No1選手権 | トップページ | 今年前期G1を終えて »